住宅ローン借り換え 連帯債務

連帯債務となっている住宅ローンの借り換え

住宅ローン、その債務者は誰になっているのでしょうか?

夫ひとりですか?それとも夫婦2人で連帯債務となっているのでしょうか。
夫婦で住宅ローンの借り入れをしている場合は、その借り換え後の契約の状況によっては、さまざまな問題が発生してきます。

 

まず、夫婦で住宅ローンを借りていて、借り換え先でも同じく夫婦で住宅ローンを契約する場合。
この場合は、特に問題はありません。契約ができれば…です。
問題は、それでは審査に通らなかった場合です。

 

たとえば、この住宅ローンを契約した際、夫婦共働きだったとします。
お互いにそれなりの収入があったからこそ、連帯債務が可能となりますよね。
しかし、借り換えの際、もうすでに妻が退職しているような場合。
妻には収入がない、あるいは、収入が減っていると、妻の分は住宅ローンの審査に通らない可能性があります。
そうなると、夫がひとりでこの住宅ローンを契約することになります。
ということは、妻の分に関しては、住宅ローン減税の対象外となってしまうのです。
夫の分だけが、住宅ローン減税の対象となります。
また、妻の債務を夫が肩代わりしたととらえられてしまうこともあります。
そうすると、贈与税を申告しなくてはいけなくなります。
夫ひとりの債務にはならなくても、その負担分の変更を行った場合、登記簿上に記載してある持ち分割合と異なってくるので、登記の変更もすることになります。

 

連帯債務である物件の住宅ローンを変更する場合は、こうした様々な問題が生じる可能性があります。
今後の返済計画をしっかりと行って、どういった形で借り換えをするのかということを明確にしておく必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ