住宅ローン借り換えの審査

住宅ローン借り換えの審査

住宅ローン借り換えの審査

住宅ローンの借り換えをする際は、初めて住宅ローンを借りた時と同様の審査が行われます。
それは、住宅ローンの借り換えとは、他の金融機関で新しくまた住宅ローンの契約をすることだからです。
しかし、その審査の内容が、初めての時と借り換えのときとでは、全く同じというわけではありません。
当然、その審査ポイントが異なってきます。
その審査がゆるくなるポイントと、厳しくなるポイントがあります。

 

では、住宅ローンの借り換えの場合は、いったいどんな審査を行うのでしょうか。
まずは経済状況。
年収や勤続年数が審査対象となります。
年収に関しては、新規でローンを組む場合は最低基準が「300万円」だった場合、借り換えの場合は「400万円」と、厳しくなる傾向にあります。
借り換えの場合、年齢も当初よりは上がっていますよね。
ですから、転職などをしたばかりの方などは要注意です。
勤続年数も、新規であるなら2年でよかったものが、3年になるなど、こちらも借り換えの場合の方が厳しいようです。
居住年数についてもチェックされます。
当然、すでに住宅ローンを支払っている家ですから、長く済んでいるということは、滞りなくしっかりと返済してきたという証になります。
やはり3〜5年程度が、その審査基準となるようです。
また、その延滞歴も当然ながら審査基準となります。
その延滞理由にもよるかもしれませんが、今までに延滞があるような場合は借り換えができないことがありますので気をつけてくださいね。
返済比率も、新規の場合には35%までは可能となりますが、借り換えの場合は25〜30%と厳しくなります。
理想的な返済比率はやはり25%以下。
現状の返済比率が35%などというひとは、借り換えがむつかしいでしょう。
延滞してもらっても困りますからね。

 

最後に、物件評価です。
住宅ローンを組んだ時と現在の物件の評価額は、当然異なってきます。
そして、実は、担保割れとなっているような物件が多いのです。
そんなことは、住宅ローンの借り換えをしようと思わなければ気付きませんよね。
ですが、こうした担保割れの物件が多いため、その物件評価の1.2〜2倍程度までは借り換えOKとなっている金融機関も少なくありません。

 

細かい数字は、金融機関によって異なります。
住宅ローンの借り換えをお考えであれば、実際に住宅ローンの担当者に詳しくお尋ねください。

ホーム RSS購読 サイトマップ