住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

メリットとデメリット

よいところばかりがピックアップされている住宅ローンの借り換えですが、メリットがあれば、もちろんデメリットもあります。
今、契約している住宅ローンの種類や、返済金額、返済残期間、金利などによって、その割合は変わってきます。
当然、借り換えをした方がいいような場合もありますし、借り換えるメリットがほとんどないような場合。
逆に、借り換えをした方が損をする場合さえありますから、借り換えを考えているなら、そのメリットとデメリットをしっかりと把握しておかなくてはいけません。

 

住宅ローンを借り換えるメリットとしては、金利を見直すことで、利息分の返済金額が減少したり、返済期間が短縮されたり。
デメリットとしては、その手間と時間と費用がかなりかかること。
また、借り換えをしても、ほとんどメリットがない場合があること。
メリットが大きい場合は、もちろん借り換えすることをおススメします。
しかし、必ずしも、そのメリットがあるとは限りません。
手間と時間と費用をかけて借り換えをしたけれど、全然メリットがなかったでは話になりませんから。

 

ですから、まずは情報収集を徹底的に行いましょう。
昔と違って、現在はとてもいろいろな住宅ローンが販売されています。
大手金融機関から、ネットバンクまで。
その金利も手数料も、本当に様々です。
いくつか試算などをしてもらうのもいいでしょう。
今は、金融機関のHPで、簡単なシュミレーションを行うことも可能です。
こうしてメリットとデメリットを考えた結果、メリットの方が大きいということでしたら、住宅ローン担当者に相談してみるといいでしょう。
金利や、残りのローン残高や期間などから、保証料、事務手数料などを考慮して、トータルでどのくらいのメリットがあるのかを考えることが大切です。
基本的には、ローン残高が大きい場合、返済期間が10年以上と長期にわたる場合、そして金利が1%程度低くなる場合にそのメリットが高いと言われています。
どうですか?
この条件に、合致しそうですか?

ホーム RSS購読 サイトマップ