住宅ローンを借り換えるタイミング

住宅ローンを借り換えるタイミング

住宅ローンを借り換えるタイミング

住宅ローンの契約をした時、いろいろな書類が必要だったり、手数料や諸費用が必要だったり。
本当に大きな手間と時間と費用をかけませんでしたか?
住宅ローンの借り換えをするということは、再びこの手続きをし直すということです。
ですから、何かのきっかけがないと、なかなか重たい腰はあがらないかもしれません。
借り換えをすると得かなぁと思ってはみても、やはりいろいろな手続きを考えると、なかなかそれ以上先には進めないものです。

 

しかし、こうした住宅ローンを借り換えるにはタイミングというのがあります。
まずは金利。
現在の金利を考えてみると、本当に低金利です。
きっと、昔に契約した住宅ローンと比べると、1%以上違うなんてこともよくあるのではないでしょうか。
今は固定金利の期間なので、それが終了する頃に考えればいいかなぁと考えている方は、それでは遅いのです。
なぜなら、金利というのは日々変化するもので、この先1年後でさえ、どうなっているのかわかりません。
その固定金利の期間が3年などの短期固定金利タイプの方や、10年固定金利でも、それがおわりに近づきつつある方などは、急いで行動に移しましょう。
金利の低い時に、ちゃんと借り換えの検討をするべきです。

 

また、固定金利の期間が済んでも、しばらくは変動金利や短期固定金利でつなげばいいなどと考えている方もいるかもしれません。
しかし、固定金利の期間が終わった後は、今までのような優遇金利が続くかどうかはわかりません。
それは、契約書を見なければわかりませんが、優遇金利は最初の固定金利の期間だけなんて場合もあります。
その後も優遇金利は続くけれど、その幅が大きく減少するような場合もあります。

 

ですから、こうした住宅ローンの借り換えのタイミングとは、固定金利の期間に合わせてではなくて、金利の状況に合わせることが大切です。
現在は低金利が続いていますので、これを機会に一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。

金利がとても低いから。

現在は、住宅ローンの借り換えにはちょうどいいタイミングだと言われています。
それは、金利がとても低いから。
金利が低いということは、それだけ借り換えるメリットがある可能性が高いわけで、だからこそ、今がそのタイミングだと言われているのです。

 

しかし、住宅ローンの借り換えをする場合は、そのタイミングは「金利」だけではありません。
それは、自分自身のことです。
「経済状態」と「健康状態」
当初、住宅ローンの契約をした時は、まだまだ今より若かったはずです。
体は健康で、それなりの収入があったからこそ、住宅ローンの契約ができたのでしょう。
今はどうでしょう?
当時のような健康状態ですか?
転職などをして、経済状況が悪化していませんか?

 

住宅ローンの借り換えをするということは、新しい住宅ローンの契約をするということ。
ですから、新規の借り入れと同様の審査等があるのです。
年収などもその審査対象になるでしょう。
もちろん、団体信用生命保険への加入が必須条件の金融機関も多く、健康状態がよくなければ、契約ができないことだってあります。
歳を取れば取るほど、その健康状態は悪化していきます。
もし住宅ローンの借り換えを考えるのならば、できるだけ若いうちの方がよいのです。
健康なうちに、しっかりと見直しをしておくことが大切です。
また、住宅ローンの見直しを後回しにしていくと、そのうち借り換えのメリットがなくなってきてしまいます。
もし、いつか住宅ローンを見直そうと考えているのでしたら、なるべく早いうちにしておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ