住宅ローンの借り換えができない

住宅ローンの借り換えができないケース

住宅ローンの借り換えができないケース

住宅ローンの借り換えをしようと思って試算をお願いしたら、借り換えができなかったというケースがあります。
住宅ローンの借り換えは、いつでも誰でもできるわけではありません。
住宅ローンの借り換えができないケースは次のとおりです。

 

まず、公的ローンへの借り換えは不可能です。
また、民間の金融機関であっても、同じ金融機関内での別の住宅ローンへの借り換えは、できないケースもあります。
過去1年間の間に、住宅ローンの返済を延滞していると、新しく組む住宅ローンの審査に通らない場合があります。
こうした場合も、借り換えができません。
最後に、担保割れをしているケース。
当初、住宅ローンを組んだ時と比べ、その担保評価が下がることで、担保割れが起きることがあります。
住宅ローンの借り換えをする際、新規の住宅ローンの契約と同様に、いろいろな審査があります。
もちろん、担保評価も行います。
その時に、当然通ると思っていた審査なのに、担保割れをしていて審査に通らないなんてことがあるのです。
ただし、こういったケースもよく見られるので、金融機関によっては、担保割れをしていても、借り換えができるような対応をしているところもあります。
一度、金融機関に相談してみてください。

 

こうした、住宅ローンの借り換えができないケースの場合もあるのですが、借り換えができてもおススメしないケースもあります。
住宅ローンの借り換えをするということは、新しく住宅ローンを組むということ。
どれだけ条件がよくても、元本が減るということはないのです。
借り換えによって軽減されるのは、その利息分のみだということを忘れないでください。
また、借り換えをするにあたり、かなりの手数料などがかかります。
こうしたことも考え、トータルで借り換えをするメリットがあるのかどうか、検討することが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ