旧住宅金融公庫の段階金利

旧住宅金融公庫の段階金利

旧住宅金融公庫の段階金利

旧住宅金融公庫で住宅ローンを組んでいた人で、借り換えをする人が増えています。
それは、旧住宅金融公庫の住宅ローンは、最初の10年は金利が低く抑えられているのですが、その後は金利がかなりアップするような契約になっていることが多いからです。
こうした段階金利での契約をしている人は、金利が高くなる時期に、当然借り換えを検討しますよね。
しかも、最近の金利は、10年前と比べると本当に低くなっています。
ですから、借り換えを検討するのもわかります。

 

しかし、注意しなくてはいけないことがあります。
旧住宅金融公庫で住宅ローンを組んでいた人は、「抵当権」を設定していたことでしょう。
現在、住宅金融公庫はもう存在していないので、当然、新しく「抵当権」を設置することになります。
この「抵当権」の設置が、意外と高かったりするのです。
この「抵当権」の設置以外にも、その他もろもろの手数料などで、50万円以上かかる場合も少なくありません。
いくら金利が安く設定されているからって、こんなに出費していては、得なのか損なのかも微妙です。

 

住宅ローンの借り換えを検討するならば、まずは、金融機関でしっかりと試算をしてもらってください。
実際に手数料はいくらかかるのか。
金利はどのくらい下がって、それによっていくら得をするのか。
住宅ローンの借り換えは、必ずしもメリットがあるとは言えないのです。
ですから、しっかりとシュミレーションをしてもらって、その上で借り換えを行わなければいけません。

 

もし、ほとんどメリットがないような場合。
借り換えをするのではなくて、繰り上げ返済を考えてみてはいかがでしょうか。
借り換えをするなら、その時の手数料としてまとまった現金を用意しなくてはいけません。
その分の現金を、繰り上げ返済に充てるのです。
繰り上げ返済をすると、その分の元金が減りますよね。
そうすると、今後何十年もの金利が減ることになります。
これって、本当に大きいんですよ。
ただし、ここでも注意しておきたいことがあります。
それは、繰り上げ返済をすると、手数料がかかる金融機関も少なくないということ。
その点も考慮しながら、一番いい方法を考えてくださいね。

ホーム RSS購読 サイトマップ