住宅ローン減税について

住宅ローンを借り換えた場合の住宅ローン減税について

住宅ローン減税について

低金利が続く今、住宅ローンの借り換えをする方が少なくないようです。
昔借りた時の金利と比べると、本当に今の金利は低いですよね。
現在の金利情勢を考えると、住宅ローンの借り換えを検討するには、ちょうどよい時期です。
今なら、長期の固定金利に変更すると、かなりのメリットが期待できるからです。

 

しかし、金利だけを考えて、あまり深く考えずに住宅ローンの借り換えをするのは待ってください。
簡単に住宅ローンの借り換えをしてしまって、住宅ローン減税の適用を受けられなくなってしまう可能性があるのです。
ですから、住宅ローンの借り換えを考えているならば、その再適用の条件についてもしっかりと確認しておかなくてはいけません。

 

では、住宅ローン減税の再適用を受けるには、いったいどんな条件があるのでしょうか。
もともと住宅ローン減税は、新しく家を建てる人が対象の減税制度です。
新築に限らず、増改築するための費用も、この減税の対象となります。
ということは、住宅ローンの借り換えの場合は、元々の住宅ローンを返済するためにお金を借りることになるので、そもそもその目的が異なっているのです。
家を新築するために借りるのではないのですから、この住宅ローン減税からは外れてしまいます。
借り換えによって新しく契約する住宅ローンは、原則として、特別控除の対象ではなくなってしまうのです。

 

しかし、住宅ローン減税の再適用を受けるためには、次の2つの条件を満たせばOKです。
新しく借りる住宅ローンの目的が、もともと借りていた住宅ローンの返済のためとはっきりわかっているもの。
新しく借りる住宅ローンの償還期間が10年以上を経過しているなど特別控除の対象要件をみたすもの。
この2点を満たしている場合に限り、住宅ローン減税の再適用を受けることができるのです。
しかし、これはあくまでも、例外的なものです。
再適用のための詳しい条件等は、国税庁のHPなどでしっかりと確認をしておきましょう。
適用されるかされないかでは、大きく異なってきますから。

ホーム RSS購読 サイトマップ