住宅ローン借り換えの保証料

住宅ローン借り換えの際の保証料

住宅ローン借り換えの際の保証料

住宅ローンを契約する時には、保証料というのが必要となってきます。
これは、万が一、契約者が住宅ローンの返済を滞った場合に、契約者にかわって保証会社に支払ってもらうための保証料です。
この保証料が、実は、住宅ローンの契約をする際の様々な手数料の中で、一番大きな額になっていることがあるのです。
住宅ローンの手数料には、この保証料のほかにも、事務手数料や団体信用生命の保険料、登記費用などがあります。
トータルすると、けっこうな額になるんですよね、これが。
誰だって、こうした手数料は安いに越したことはありません。
このような手数料は現金で支払うことになりますから、その額が大きいと、かなりの負担となります。
保証料は、その借入金額によっては、何十万といった額にもなるほどです。
こうした手数料は、住宅ローンを契約する際に支払っているはずですし、借り換えをする際も支払わなくてはなりません。

 

しかし、現在、ネットバンクをはじめとするいろいろな金融機関で、こうした保証料が無料なんてところが増えてきました。
あの、手数料の多くの部分を占めていた保証料が無料なんて、ちょっと信じられませんよね。
無料と聞くと、飛びつきたくなるものです。
でも、ちょっと待ってください。
他が全部同じ条件で、保証料が無料なんていうおいしい話はないと思ってください。
こうした「保証料無料」といったプランの場合、もしかすると金利がちょっと高めに設定されているかもしれません。
「保証料」以外の手数料が、なんだか高いかもしれません。
住宅ローンの借り換えをする場合は、こうしてトータル的にどうなのかということを、しっかりと考える必要があります。
もしかすると、保証料は必要でも、金利優遇キャンペーンなどをしていて、結果的にはその方がトータルすると安いという可能性もあるのです。
ですから、住宅ローンの借り換えを考えているのでしたら、必ず住宅ローン支払い額全体で見るようにしてくださいね。

ホーム RSS購読 サイトマップ