住宅ローンの金利

住宅ローンの金利

「固定金利」と「変動金利」

住宅ローンを契約する際の金利には2種類あります。
「固定金利」と「変動金利」
あなたはいったい、どちらの金利で住宅ローンの契約をしているでしょうか。
「固定金利」というのは、契約をした際の金利が、返済が完了するまで続くというもの。
「変動金利」というのは、だいたい半年に1度の割合で金利を見直し、その時勢にあった金利にかわるもの。
一般的には、「固定金利」の方が「変動金利」よりも高くなっています。
それは、「固定金利」だと、満期までその金利が変動することがないので、はっきりとした金額がわかって安心するからです。
「変動金利」の場合、金利が下がればいいのですが、もしかすると、金利がかなり上がるという可能性だって否定できないのです。
長期の契約の際、何年も先のことは誰にもわかりません。
ですから、「固定金利」の契約の方が安心できるんですよね。

 

しかし、現在の金利情勢をみると、昔に比べてかなり変わりました。
超低金利時代の今。
こんな時には、当然「固定金利」が有利です。
金利の低い今現在の金利が、そのまま満期まで続けばいいですよね。
だから、住宅ローンの借り換えを考える人が増えているのも当然のことです。
ただし、金融機関もそんなことはわかっています。
今の金利がずっと先も続くかどうかなんて、わかりません。
こんな低い金利のまま、ずっと先まで契約するのは、金融機関側にしてみたら損ですよね。
ですから、最近の住宅ローンは、一定期間は固定金利、その後は、変動金利になるという、「固定金利」と「変動金利」を組み合わせてものが多いようです。

 

住宅ローンの借り換えは、こうした金利情勢を考えながらにすることが大切です。
今後、金利が上がっていくだろうと予想できるなら「固定金利」で。
金利が下がると考えるなら「変動金利」で。
住宅ローンの種類によっては、こうした金利の種類を変更することができるものもあるはずです。
できるだけ金利を抑えることができるよう、一度、今契約している住宅ローンについて、もう一度しっかりと確認をしてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ