住宅ローン借り換えの費用

住宅ローンの借り換えに関する費用

住宅ローンの借り換えを考えている人が忘れていけないのが、各種費用のことです。

住宅ローンの借り換えを考えている人が忘れていけないのが、各種費用のことです。
いい条件だからと飛びついて、実は様々な手数料などがかかることになり、よく考えてみたら借り換えた意味がなかったなんてことになってはいけません。
住宅ローンの借り換えについては、各金融機関でシュミレーションなどを行ってくれますので、まず、こうしたシュミレーションをしてもらうことが大切です。
できれば、どこか一つの金融機関に決めるのではなく、いくつかの金融機関でこうした試算を行ってもらうといいかと思います。
今や、各金融機関では、インターネット上でさまざまな諸費用の試算ができるようにいなっています。
こうした試算をすることで、実際にかかる費用なども考慮して、住宅ローンの借り換えをするかどうか、よく考えてください。

 

では、一般的に、住宅ローンの借り換えをするときにかかる費用とは何があるのでしょうか。
事務手数料に保証料。契約書貼付印紙税。
抵当権設定料に抵当権抹消費用。
そして、繰り上げ返済手数料です。
ひとつずつ、簡単に説明していきましょう。
まずは「事務手数料」
この金額は、各金融機関によって本当に様々です。
30000万円程度の金融機関から、借入額の数パーセントという金融機関までいろいろです。
「保証料」は、借入金額や返済年数などで決定するものなのですが、最近では無料というところも増えてきました。
「契約書貼付印紙税」は固定額。1000万円以上5000万円未満の借入額の場合は20000円。
5000万円以上1億円以下の借入額の場合は60000円です。
これは、かなり大きな額ですよね。
「抵当権設定料」と「抵当権抹消費用」
「抵当権設定料」は、その名の通り、抵当権を設定するための費用なのですが、これは、登録免許税として、借入額の0.1%がかかります。
司法書士などに、その手続きを依頼することになりますから、当然のことながら、報酬を支払わなければなりません。
「抵当権抹消費用」は、抵当権を抹消するための費用で、こちらは不動産1つにつき1000円かかります。

最後に「繰り上げ返済手数料」
この手数料は、各金融機関によって全然異なります。
借り換えをするということは、一度、元々借りていた金融機関に一括返済をするということ。
ですから、その際の「繰り上げ返済手数料」が必要となります。

 

こうして考えると、かなりの額になりますよね。
金額が高いほど、期間が長いほど、その額は高くなりますので、借り換えを考えている人は、しっかりと試算してから決めましょうね。

ホーム RSS購読 サイトマップ