住宅ローンを借り換えて得をする

住宅ローンを借り換えて得をするケース

住宅ローンを借り換えて得をするケース

住宅ローンの借り換えを検討している人も少なくないかと思いますが、本当に借り換えをしてメリットがあるのかどうか、知りたいものですよね。
現在は低金利が続いていますから、なんとなく自分が返済している住宅ローンより、お得な気がしてしまいます。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
住宅ローンを借り換えるということは、新しく住宅ローンを組むということ。
当然、数々の手数料や諸費用がかかります。
それを差し引いても、ちゃんとメリットがなければ、借り換えをする意味がありません。
うまい言葉に惑わされることなく、ちゃんとトータルでの返済額を考える必要があります。

 

では、住宅ローンの借り換えをすると得をするのはどんなケースなのでしょうか。
無駄に検討して、試算をして、うまく金融機関の担当者の口車に乗せられてもいけませんもんね。
一応の目安が知りたいところです。
おおよそで借り換えで得をするケースというのは、住宅ローン残高が1000万円以上、返済残期間が10年以上、金利が1%以上の低い場合だと言われています。
当然、これに当たる場合でもあまりメリットのない場合もありますし、逆にこれにあたらなくても得をするケースもあります。
ローン残高については、残高が多ければ多いほど、借り換えのメリットがでてきます。
それは、ローン残高が多いほど、その軽減額も多くなるからです。
借り換えにかかる諸費用は一定なので、残高が多くても諸費用は同じですから。
返済残期間はどうでしょう。
これは、短くても長くても、あまり変わりがないと考えてください。
返済残期間が長い方がメリットがあるような気がしますが、返済残期間が長いということは、そのぶんローンの保証料も高くなります。
この、ローンの保証料というのは、住宅ローンを組む際、手数料の中でもかなりを占めることになります。
ですから、期間が長いほど軽減額は増えるのですが、この手数料で相殺されてしまうのです。
最後に金利。
これは、ダイレクトに影響があります。
金利には、手数料等は何も関係ありませんから。

金利差が大きければ大きいほど、軽減額も大きくなります。わかりやすいですよね。
ただし、金利が1%以上低くなければ、その減額分は手数料や労力であまりメリットを感じられません。

 

こうした条件を考えてみて、住宅ローンを借り換えるメリットがありそうだという方は、金融機関で試算などをしてもらうといいかと思います。

住宅ローンの借り換えをおススメするケース

住宅ローンの借り換えを考えているけれど、本当にメリットがあるのかどうか迷いますよね。
いったい、どんな場合に、借り換えをするメリットがあるのでしょうか。
ポイントがいくつかあるので、あてはまるかどうか確認してみてください。

 

まずは、旧住宅金融公庫で住宅ローンを契約していて、段階金利の適用が近づいている人。
旧住宅金融公庫の住宅ローンは、段階金利となっています。
最初10年間は金利が低く抑えられていますが、その後は段階をおって、金利が上昇していきます。
これは、住宅ローンを借りやすくするためにとられた措置ですが、この金利上昇に苦しむ人が少なくありません。
こういう方の上昇後の金利は、現在の固定金利よりも1%以上高い場合がほとんどですので、その段階金利よりも低い金利での住宅ローンへの借り換えをおススメします。

 

次に、住宅ローンを変動金利で借り入れしている人、または、固定金利選択型で借り入れしている人。
今は、超低金利時代ですので、新しく住宅ローンを借りるなら、当然固定金利が得ですよね。
今より金利が上がることはあっても、これ以上下がることは考えにくいのですから。
変動金利で借り入れをしている人は、これを機に、固定金利での借り換えをおススメします。
また、固定金利選択型で借り入れしている人も、キャンペーンなどで一定期間は固定金利でも、その後は変動金利となってしまいます。
現在は優遇されて、低い金利での固定金利が適用されているかもしれませんが、変動金利期間になってしまうと、その後は金利情勢に影響されるようになります。
ですから、動金利で借り入れをしている人と同じように、現在の低金利を活かし、固定金利での借り換えをおススメします。

 

最後に、現在の長期固定金利よりも高い金利で借り入れをしている人。
もともと固定金利で住宅ローンを組んでいる人も少なくないでしょうけれど、現在の相場と比べると、その金利は高いものであることが多いかと思います。
ですから、もし、現在の金利よりも1%以上高い金利で契約をしている場合は、借り換えをするメリットがあると思われます。
たとえば、1000万円以上の残高で、金利が1%違うと、支払い総額は200万円以上違ってくることもあります。
いろいろな手数料などを差し引いても、やはり借り換えするメリットは大きいでしょう。

 

以上のケースのような場合は、一度、住宅ローンの借り換えを検討してみてくださいね。
きっと、メリットがあると思いますよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ